大阪市天王寺区の皮膚科。一般皮膚診療からしみ・シワ・毛穴等に対応する美容皮フ診療でトータルサポート。


一般皮フ診療

様々な皮膚のトラブルに対応します。
赤ちゃんからご年配の方までお気軽にご相談ください。

一般皮膚診療一覧
アトピー性皮膚炎
慢性的に顔や首などにかゆみを伴った発疹が現れます。この症状がひどくなると全身に激しいかゆみが現れます。 原因は遺伝的なもの、アレルギー的要因(食生活・ダニ等)や非アレルギー要因(気候、ストレス等)と言われています。 当院ではアレルギー検査などで原因を探り、スキンケア指導や内服・外用療法にて症状をコントロールしていきます。
水イボ・イボ
体のあちこちに丘疹ができます。。
ウィルスが原因なので手指にできると広がることもあります。
イボウィルスにより感染します。
イボを凍らせて治療する液体窒素療法などがあります。
かかとのガサガサ

かかとがかたくなり、カサカサになります。ひどくなるとわれたり出血します。
原因は様々ですが、水虫の場合もあります

水虫
足指の間がふやけたり、ひび割れたりしてます。小さなみずぶくれができ、皮がぽろぽろむけます。
また足だけではなく頭、手、爪、股にも感染する事があります。
原因は白癬菌といわれるカビの一種が皮膚で繁殖する感染症ですが、水虫の症状は幅広く、見た目では判断できないものもあります。
皮膚の角質の一部で顕微鏡検査を行ったうえで、状態に適した外用薬を処方します。爪の水虫の場合は塗り薬では改善が見られにくいので抗真菌薬の内服が必要です。
じんましん
急につよいかゆみ・膨隆疹がでて、数時間で消えます。
食物やストレスなどが原因になりますが、慢性的なものは原因特定が困難です。
必要であれば血液検査。症状により合う内服薬・外用薬を処方します。
根気を必要とする治療になります。
とびひ
かゆみの強い水疱がいくつかできます。切り傷やかすり傷、虫さされから水疱になり広がります。
細菌が皮膚の表面で繁殖して起こります。皮膚抵抗力の弱い子供がなりやすいです。
内服薬・外用薬での治療になります。
ほおっておくと全身に広がるので早めに受診ください。
帯状疱疹
身体の左右どちらかにチクチクする神経痛でムズムズする違和感が起こります。
やがて赤い水疱ができます。帯状にできるため帯状疱疹といいます。
かさぶたになり2〜3週間後に直ります。後遺症として神経痛が続くこともあります。
水ぼうそうによるウィルスと同じで、普段は潜んでいるのですがストレスや老化により免疫力が下がったときにウィルスが活発になって症状が出ます。
まずは安静、休養をよくとってください。
ウィルスですので内服薬・外用薬での治療になります。
ニキビ
顔や背中に赤いブツブツができ、ニキビの炎症が1週間以上続くと『ニキビあと』と呼ばれる色素沈着を起こしやすくなります。
できやすい体質とできにくい体質とありますが、生活習慣やストレスが原因となります。
スキンケアや生活習慣の改善。塗り薬で対応します。
それでも改善が見られない場合には、ビタミンC誘導体の外用とイオン導入やケミカルピーリング、レーザーピーリングなどといった治療方法(すべて保険診療外)がありますので、ご来院されることをお勧めします。
男性型脱毛症(AGA)
男性ホルモンの作用でおこる抜け毛・脱毛で、年齢と伴に症状が進行してきます。
男性ホルモンや遺伝、食生活、間違った手入れなどが原因と言われています。
治療は内服薬(プロペシア錠)になります。
保険外診療になります。
その他(湿しん、かぶれ、できもの、虫さされ、あせも、フケ 等)
よく見られる疾患といえど病名は様々で治療法も異なります。
診察の上、治療して行きます。